横浜動物園ズーラシア シマウマ・エランド舎

01-外観(南東側より).jpg01-外観(南東側より).jpg外観
03-外観(北西側より).jpg外観
10-キーパー通路.jpgキーパー通路
16-中室(エランド).jpg中室
17-個室(シマウマ).jpg個室

2012年竣工

横浜動物園ズーラシア シマウマ・エランド舎

建物概要

◇場  所:神奈川県横浜市旭区河合宿町
◇建 築 主 :横浜市
◇敷地面積:1,030,881.25㎡
◇延床面積:455.40㎡
◇構  造:鉄筋コンクリート造
◇規  模:平屋建
◇備  考:横浜市プロポーザルにて受注

設計概要

 当計画は横浜動物園ズーラシア内のアフリカサバンナゾーンにシマウマ・エランドの混合展示を行うため、その動物舎を設計させて頂きました。計画が進行する中、飼育員関係者のヒアリングを行い、設計に取り組んで来ました。

 動物舎の設計は、間接飼育を基本とし「管理エリア」「飼育エリア」を明確に分けて計画を行いました。そしてさまざまな飼育パターン(生活環境:群れでの生活、繁殖期、妊娠出産、母子、病気闘争等)が可能な計画を行えるよう配慮しました。また、動物の搬出入を考慮しながら、キーパー通路に死角を無くし、安全に作業が行える空間を確保しました。
 動物舎の外観デザインは園路から直接目立たないよう、屋上緑化や建材の色彩を検討しました。